未分類

給付金は訴訟が必要

注射器B型肝炎が日本では集団感染したことがあります。そのため、日本にはB型肝炎の患者が100万人以上も存在しています。集団感染した原因は予防接種を集団で行っていた頃に注射器の使い回しが行われていたからです。これによって、どんどん感染が広がってしまいました。B型肝炎は母子感染もするウイルスだったため、余計に感染者が広がりました。国はこのような状況を40年も放置していました。そのため被害者は集団訴訟をして、国との和解が成立したのです。その結果として、給付金を支給するための特別措置法が生まれました。

国のせいでB型肝炎に感染した方や二次感染した方、さらにはそれぞれの相続人などが給付金を請求できる権利を与えられているのです。どのような条件を満たしていれば給付金を請求できるのか、どのくらいの額の給付金を受け取れるのかは、すべて法律に示されています。法律にしたがって給付金が請求されるのです。

ただし、この給付金は訴訟をしなければ受け取ることができません。国を訴訟して、和解が成立すれば給付金を受け取れるという流れになっているのです。そのため、実際に給付金を受け取れている人の数はあまり多くありません。訴訟は難しいからと敬遠してしまう方が多いためです。

こちらでは給付金を受け取るための方法として弁護士に依頼することを紹介します。弁護士に頼むことによって、特に苦労もせずに給付金を受け取るための手続きを進められるのです。こちらを参考にして弁護士を利用しましょう。